名前    伊東 一成(いとう かずなり)

年齢    50歳 [1971年(昭和46年)10月生まれ]

血液型   A型

家族構成  妻、父、母

趣味    旅行、スポーツ鑑賞(ソフトバンクホークスのフアン)

政党    無所属

資格    珠算3級、情報処理技術者Ⅱ種、宅建士、社会福祉主事、
      危険物取扱者乙種第4類、測量士補、行政書士、
      普通車・普通自動二輪車運転免許

経歴

千葉県市川市生まれ。
3歳の時、父親の故郷である匝瑳市(旧八日市場市)高に転入。
須賀小学校、八日市場市立第二中学校、県立匝瑳高等学校理数科を卒業。
1年間浪人。埼玉県桶川市で新聞奨学生をやって社会人してました。
その後、獨協大学法学部法律学科に入学。後藤巻則ゼミ(民法)の初代ゼミ長。この頃は政治家を志していない…。体育会(馬術部に在籍。)本部役員として学ランを着て構内を歩いていたりしたことも(笑)。
就職はたまたま受けた匝瑳市役所に採用が決まり、平成7年に入職。

【配属と主な業務】
福祉事務所・・・長寿係という洒落た名前の係でした。老人クラブ担当や全国に先駆けて介護保険の検証自治体として介護認定などを行いました。
保健センター・・・当時実施が珍しかった基本健診の担当をしていました。
商工(産業振興)課・・・観光や企業融資資金利子補給制度など。県の担当者と協力し飯高檀林の観光開発に注力しました。
福祉課・・・保護斑で生活保護ケースワーカーを7年やりました。
野栄総合支所・・・排水機場の管理ほか本庁の出先機関として何でも屋でした。
高齢者支援課・・・支援斑の統括。
福祉課・・・社会福祉斑の統括。

課外活動は、バドミントン部部長だったり、よさこい鳴子踊りのチーム(楽天舞)を立ち上げたりしました。

令和4年退職し、行政書士事務所を開業。現在に至る。